販売している照明を購入する時に気を付けること

販売している照明を購入する時に気を付けること

灯り

設置場所を考える

照明は、設置する場所によって形状や明るさ、色などが変わってきます。それぞれの目的や用途が変わってくるからです。お家の中だけでも、さまざまな設置場所があります。キッチンやリビング、廊下、浴室、トイレなど場所によって使用されている照明が変わってくるはずです。その場所にあった照明を購入しましょう。

照明器具

照明を選ぶ時の注意点

照明は、種類によって接続する部分が変わります。角形や引掛タイプなどお家によって形や接続の方式が違うので、購入する前に自宅へ取り付け可能か確認が必要になります。もし違うタイプの照明を買ってしまうと互換性がないので、接続することは不可能でしょう。

ライト

LEDの登場

最近登場してきて、バンバン売れているのがLED照明になります。LED照明はこれまで一般的だった蛍光灯と取り換える流れができています。では、なぜそれほどまでに人気となっているのでしょうか?ここから蛍光灯との違いを比較していくので、見ていきましょう。

LEDと蛍光灯のメリット・デメリット比較

LEDのメリット・デメリット

蛍光灯に比べて消費電力が少ないので、電気代が安くなります。また、寿命が長いので、長く使い続けられます。LEDは光の強さを調節できるうえに、色まで変えることができます。熱エネルギーを出しにくいので、虫が集まりにくいという特徴もあります。ですが、販売価格が高く、初期費用が掛かってしまうというデメリットがあります。長期的に見るとLEDの方がお得になる傾向があります。

蛍光灯のメリット・デメリット

LEDより消費電力が高いので、電気代が高くついてしまいます。寿命も半分以下となっており、安い蛍光灯だともっと短くなります。蛍光灯自体の色を変えることはできませんが、取り換えることで色を変えることが可能です。LEDに比べると販売価格が安いので、初期費用を抑えることができるというメリットがあります。

広告募集中